日本人の配偶者等

「日本人の配偶者等」Spouse or Child of Japanese National 

日本人との婚姻関係、血縁関係に基づく活動を行うために認められた在留資格で次の場合に該当します。

  • 日本人の配偶者   
  • 日本人の特別養子(一般の養子には認められません)
  • 日本人の子として出生した者

日本人と外国人が結婚すれば「配偶者ビザ」を当然取得できると思われている方が多くいるようですが、結婚したということと「配偶者ビザ」を取得できるかどうかは別の話で、配偶者ビザを申請しても簡単には許可されませんし、真実の結婚であっても手続きに不手際があれば、偽装結婚の疑いをかけられ、不許可となってしまいます。

「日本人の配偶者等」ビザの取得には、婚姻が法律上有効なものであることに加え、婚姻関係が形式的にも実体的 にも認められる真正なものであることを様々な書類を揃えて立証する必要があり、結婚が真正なものであること、 生計の安定性・継続性、同居生活を営むこと、など「安定的・継続的に婚姻生活を営む相当性」が審査されます。

ビザ(在留資格)取得時の立証資料

①婚姻を証する文書

戸籍謄本、婚姻届受理証明書、本国(外国)の機関から発行された結婚証明書、など

②配偶者の職業および収入に関する証明書

在職証明書、住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(※1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)、確定申告書写し、など

③その他

住民票(日本人)、登録原票記載事項証明書(永住者)、身元保証書、質問書(知り合った経緯、過去の出入国歴、家族などを記載)、など 

コメントを受け付けておりません。