人文知識・国際業務

「人文知識・国際業務」Specialist in Humanities/International Services   

貿易会社に就職が決まったのでビザを取得・変更するケースや海外取引のために通訳者・翻訳者を雇用するケースなど

① 法律学・経済学・社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務に従事する。

(貿易、営業等の事務系の専門職)

入国・在留するための基準:

  • 必要な知識に関わる科目を専攻して大学を卒業していること、若しくは同等以上の教育を受けていること。
  • 10年以上の実務経験があり(大学等で当該知識に関わる科目を専攻した期間を含む)知識を修得していること。 ※どちらかの要件を満たしている必要があります。
  • 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等以上の報酬を受けること。

② 外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する。

(翻訳、通訳、語学の指導、外国人特有の感性を必要とする広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務)

 入国・在留するための基準:

  • 従事しようとする業務について3年以上の実務経験を有すること (大学(短期大学、大学院等を含む)を卒業した人が翻訳・通訳または語学の指導に係る場合は、実務経験は不要)。
  • 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等以上の報酬を受けること。

 

ビザ(在留資格)取得時の立証資料

①招へい機関の概要を明らかにする資料

登記事項証明書、直近の決算書(損益計算書、貸借対照表など)の写し※新規事業の場合には、今後1年間の事業計画書)、案内書(パンフレット等)、など

②学歴及び職歴その他経歴を証する文書

履歴書、従事しようとする業務に必要な知識に係る科目を専攻した大学等の卒業証明書またはこれと同等以上の教育を受けたことを証する文書、在職証明書等で関連する業務に従事した期間(10年以上,通訳、海外取引業務などであれば3年以上)を証するもの〔大学、高等専門学校、高等学校または専修学校の専門課程において当該技術または知識に係る科目を専攻した期間の記載された当該学校からの証明書を含む〕、など

③活動の内容、期間、地位および報酬を証する文書

雇用契約書の写し、辞令の写し、採用通知書の写し、など

コメントを受け付けておりません。